1. 【画像】女性用育毛剤分け目ハゲが治ったのはコレ!
  2. 分け目ハゲ対策
  3. ≫【画像】10代女性の高校生、中学生の分け目ハゲの失敗する4つの治し方

【画像】10代女性の高校生、中学生の分け目ハゲの失敗する4つの治し方

10代で髪が薄くなった中学生、高校生の女子がやりがちな失敗する若ハゲ(分け目ハゲ)の治し方を4つ紹介します。

 

自分に当てはまっていないかチャックしてみましょう。

その1,豆乳や納豆で女性ホルモンを増やしてなんとかしようとする

大豆製品

 

若ハゲについて。
大学生です。M字が進行しており、頭頂部も薄くなっています。1ヵ月前から豆乳を飲み続け、頭皮のマッサージも欠かさずやっています。しかし、いっこうに変化はみられません。

参照:ヤフー知恵袋

 

髪が薄いと言えば「男性ホルモンが濃い」「女性ホルモンが少ない」とすぐイメージしがち。

そして、その女性ホルモンを増やそうと女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれている豆乳を飲もう!、という発想になり身近にあり、手軽に買える豆乳を飲むことから始める人が多いです。

豆乳なら安いし、親が飲んでいるのを自分が飲むっていうこともできますしね。

ただ、豆乳を飲むことは女性の薄毛を改善することと、ほとんど関係ありません。

たしかに女性の薄毛はホルモンバランスの崩れからくるものですが、だからといって豆乳を飲めばホルモンバランスが元にもどることもありません。

 

その2,とりあえずシャンプーを今のより良いものに変える

シャンプー

髪が薄くなった人がまず対策の第一歩として行うのが、普段使っているシャンプーを変えること。

シャンプーは、毎日使うものだし、髪や頭皮に直接つけるものなので、いいシャンプー、少なくとも悪いシャンプーは使いたくないですよね。

その気持は分かるのですが、シャンプーを変えたからといって10代女子の薄毛が治るわけではありません。

女性の薄毛治療の専門クリニックでも、治療内容にシャンプーを使うことがないからも、それはあきらかですね。

その3,皮膚科に行ってみたが相手にされず門前払いされる

これは失敗というよりは、あるあるネタに近いです。

薄毛の相談は、一般的には皮膚科が診察してくれるので、勇気をもって皮膚科に診察しにいった人も少なくないと思います。

 

ただ、10代の薄毛って進行度合いからすると、まだ初期段階のため周りからみたら「そんな薄毛ってほど髪は薄くないのでは?」と見られることが多いです。

そのため、皮膚科で診察をしてもらっても「まだ大丈夫」「気にしすぎ」などと真剣に取り合ってくれないことも多々あります。

本人は真剣に悩んで不安になっているのに、その気持すら汲み取ってくれないお医者さんってなんなんでしょうね

皮膚科や、病院や診察する先生の経験値によって、診察の判断が違ってくるので、皮膚科で治療をしたいと考えている人は、いい先生に出会えるまで、複数の皮膚科の診察をうけて、そこから自分にあった一番いい皮膚科を選ぶという選択肢がよいです。

 

その4,10代だからまだなんとかなる。対策せずに放置する。

薄毛は男性も女性も10代だからといって自然になおるもんではありません。

また、薄毛は進行すればするほど治りにくいという性質があるので、よく言われることですが対策は早め早めがよいです。

 

そして、10代から早めに対策するメリットもあります。

薄毛の治療に使う、育毛剤や育毛サプリは、年齢が若ければ若いほど効果が出やすくなります。

例えば風邪をひいて、風邪薬を飲んでも10代の子供と80歳のお年寄りでは効果のスピードが違いますよね。あれと同じ原理です。

「高校を卒業したら対策しよう」「働きだしたら対策しよう」と、対策を後回しにすると、どんどん薄毛は進行して、なおかつ治りにくくなります。

 

その5,安い市販品で対策しようとする

市販のシャンプー

10代の場合、バイトするか小遣いを沢山もらうかしない限り、お金はなかなかないのが普通ですよね。わかります。

ですが、残念なことに薄毛に本当に効く育毛剤やサプリってたいてい市販で売っていません。

たいてい、病院もしくはネットで売っています。

それはなんでかというと、育毛関係の商品って市販ではなかなか売り上げが伸びないからと言われています。育毛剤コーナーの前にたつと、なんか気持ちがソワソワしますよね。「誰かに見られてないかな」とか、、、

ドラッグストアにおいてある育毛剤は、正直お世辞にも効果があるとは言えません。

安いけど買うだけ無駄だったということが多いので、安い市販品で薄毛をなんとかしようとは思わないほうがよいです。

 

10代女性の薄毛はどうやって治すのが最適か?

10代の女性が薄毛を治した方法は、主に皮膚科での治療か、自宅での育毛剤+育毛サプリでの治療です。

どちらがいいとか、どちらが治りやすいというのはなく、自分の環境に合った選択をするのがおすすめです。

参考:女性の分け目ハゲ回復、発毛の3つの対策法とは

ただ、あまり人に薄毛のことを相談したくないという人、お金をかけたくない人はは自宅で育毛剤+育毛サプリでの治療が最適です。

>>参考:女子高校生の分け目ハゲが治った治し方4つのポイント

参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです。