1. 【画像】女性用育毛剤分け目ハゲが治ったのはコレ!
  2. 分け目ハゲ対策
  3. ≫【危険】女性の分け目ハゲがシャンプーで対策できないたった1つの理由とは

【危険】女性の分け目ハゲがシャンプーで対策できないたった1つの理由とは

シャンプー選び

髪が薄くなってきた時にする最初の対策ってなんですか?

シャンプーと答える人が多そうですね。

シャンプーはいつも使っており、直接頭皮や髪に触れるものなので、まずシャンプーから変えてみようと思う人は多いです。

ただ、分け目が薄くなる女性の分け目ハゲってシャンプーで対策できないって知ってましたか?

その理由について説明していきます。

女性の分け目ハゲがシャンプーで対策できないたった1つの理由とは?

分け目ハゲの女性

結論からいいますと、シャンプーには女性の薄毛の原因であるホルモンバランスの崩れを修正する効果がないので、シャンプーで分け目ハゲは治りません。

女性の分け目ハゲは、一般的には「びまん性脱毛症」とよばれるもので、髪全体が均一に薄くなってくる女性特有の薄毛の症状です。

 

このびまん性脱毛症の原因がホルモンバランスの崩れ。

そして、そのホルモンバランスの崩れは

  • ストレス
  • 極端な体重変化(ダイエット)
  • 加齢

のうち、いずれかです。

見てのとおり、それもシャンプーではどうにもできないものばかりです。

 

当たり前といえば当たり前ですが、この当たり前のことを認識せずに、連想ゲームのように「髪が薄くなった」→「髪にいいものを使わないと」→「髪と言えばシャンプー。」→「まずシャンプーを変えよう」というように、イメージだけでシャンプーを変えて薄毛をなんとかしようとする女性が多いです。

でも育毛シャンプーってあるじゃないですか?育毛シャンプーは分け目ハゲに効果あるのでは?

シャンプー

世の中でいわれている、いわゆる「育毛シャンプー」とよばれるものは、育毛と名前がつくので髪が生えてきたり、抜け毛が抑えられそうなイメージはあります。

ですが、実際に育毛シャンプーで髪が生えてきたり、今の薄毛の進行が止まるということはありません。

育毛シャンプーは、髪や頭皮にいいとされる成分をシャンプーにたくさん含めることで頭皮環境を整える効果あります。

頭皮環境とは、頭皮の状態を正常に保つことを役目としており、髪を生やす、薄毛の進行を止めることを目的としておません。

 

頭皮環境が整っていると何が良いかというと、育毛剤の浸透がよくなったり、フケを抑えたり、かゆみを抑えてりできます。

ただ、それだけです。育毛シャンプーで女性特有の薄毛はまず改善されません。

実際に、女性の薄毛治療でシャンプーで治療を行っているところがないのがその証拠でしょう。

分け目ハゲでも自分に「合う」シャンプーならどれでもよい。

分け目ハゲ改善のポイントを説明する女医

例え髪が薄くなってきても、自分に合うシャンプーなら何を使ってもよいです。

ドラッグストアのセールで買ったシャンプーでもいいし、近くのコンビニで買ったシャンプーでもいいです。

この「自分に合う」の定義ですが、

使って頭が痒くなったり、頭皮が赤くなったりしないなど、異常がでなければ、それは自分にあったシャンプーになります。

 

やっぱりノンシリコンがいいのですか?

ノンシリコンシャンプー

よくノンシリコンかそうでないかで、シャンプー選びを迷う人がいますが、ノンシリコンかどうかは女性の薄毛対策に、まったく関係してきません。

ノンシリコンであろうと、そうでなかろうとどちらでもいいのです。

 

最近では、ノンシリコンシャンプー=質のいいシャンプーだというイメージがつき、どのメーカーもノンシリコンシャンプーというイメージを押しています。

ですが、実際にノンシリコンだからといって髪にいいという科学的根拠はなく、あくまで「余計なものが入っていないから髪や頭皮にいい」というイメージだけでノンシリコンシャンプーがいいというイメージがついただけです。

 

「でも、美容師さんがノンシリコンシャンプーがいいって言ってたし・・」という人もいると思いますが、ノンシリコンじゃないと気持ち悪いならノンシリコンでもOKなのです。ただ、ノンシリコンだから薄毛が治るわけではないということです。

シャンプーで分け目ハゲが改善するケースとは?

女性の脂漏性脱毛

女性の脂漏性脱毛

 

女性の粃糠性脱毛症

女性の粃糠性脱毛症

 

シャンプーで女性の薄毛は治らないことを説明しましたが、一部の脱毛症については例外があります。

  • 脂漏性脱毛(しろうせいだつもうしょう)
  • 粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

この2つの脱毛症については、シャンプーを変えることで薄毛が改善されるケースがあります。

そのシャンプーとは、いわゆる育毛シャンプーとうい部類のものではなく、ケトコナゾールという抗真菌剤が含まれた医薬品のシャンプーを使って薄毛を治療します。

カトコナゾールが含まれたシャンプーは病院で処方してももらえるので、症状に自覚がある人はまず、皮膚科に相談してみましょう。

参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです。